TOP > 父親と接触が減った子どもたち
 ← DJ OZMA、下着で熱唱! | TOP | 宇多田ヒカルさんが離婚したなんて・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気blogランキング健康 やせる 携帯 投資

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[--.--.--(--) --:--] スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
↑TOPへ


父親と接触が減った子どもたち 

2007年03月04日 ()
<少年意識調査>父親の4分の1、平日の接触ほとんどない
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070303-00000090-mai-soci

内閣府は3日、小中学生とその親を対象にした「低年齢少年の生活と意識に関する調査」の結果を発表した。子どもとの平日の接触について、父親の約4分の1が「ほとんどない」と回答し、中学生の約7割が進学や友人関係などで悩んでいたのに、悩みを知っている父親は約3割にとどまった。平日に子どもの顔をほとんど見ない父親は00年の前回調査より10ポイント近く増えており、父子関係の希薄化が進んでいた。


やはり、そうなんですね。
自分が、母親だからというわけではないですが、父親の存在がだんだん微妙になっているような気がします。
父親が、たとえ一生懸命、子どもと接触をしようとしても、子どもの方が受け付けないことも多いと思います。
昔のように、自分のポリシーをしっかり持った頑固親父も少なくなりましたね。
ドラえもんではないけど、近所に遊び場所も少なくなって、パソコンゲーム当の普及、塾・お稽古ごとが増えて、その上携帯電話の普及で、どんどん父親だけでなく、周りとの接触が減っているのも確かです。
このままでいいのか?
今から、できることは無いのでしょうか?
スポンサーサイト
人気blogランキング健康 やせる 携帯 投資

[RSS] [Admin] [NewEntry]

[2007.03.04(Sun) 00:00] 未分類Trackback(0) | Comments(1)
↑TOPへ


COMMENT

はじめまして by ho
そうですね。男性の立場からすると、父親の意見をのびのび言える環境を作ってあげてということですね。
今の社会、父親や男性が物を言うことそのものが、「古い」「ダサい」「甘え」・・・。
一方、母親や女性は、物を言うことが「勇気」「母は強し」「現代的」「柔軟」・・・。
こんな状況で、現在の社会では、実は、父親や男性は、自らの意見を封印しながら生きています。
そんな中で、社会の現実を反映した実効的な家族像や仕事像が、議論できるわけがない。

コメントを閉じる▲

 ← DJ OZMA、下着で熱唱! | TOP | 宇多田ヒカルさんが離婚したなんて・・・

COMMENT

そうですね。男性の立場からすると、父親の意見をのびのび言える環境を作ってあげてということですね。
今の社会、父親や男性が物を言うことそのものが、「古い」「ダサい」「甘え」・・・。
一方、母親や女性は、物を言うことが「勇気」「母は強し」「現代的」「柔軟」・・・。
こんな状況で、現在の社会では、実は、父親や男性は、自らの意見を封印しながら生きています。
そんな中で、社会の現実を反映した実効的な家族像や仕事像が、議論できるわけがない。
[ 2007.03.04(Sun) 09:51] URL | ho #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://momokonogimon.blog95.fc2.com/tb.php/5-de18b034
 ← DJ OZMA、下着で熱唱! | TOP | 宇多田ヒカルさんが離婚したなんて・・・

プロフィール

ちょっと楽しい!

最近のコメント

FC2カウンター

お買い物はアマゾンで

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

おまけ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。